• TOP
  • 疾患情報
  • 大学等で行われている再生医療の研究例

疾患情報

大学等で行われている再生医療の研究例(歯科・口腔外科)

<歯>
国立長寿医療研究センター:歯の中にある歯髄幹細胞*¹を応用して歯の神経や象牙質を再生させる研究

<口唇口蓋裂>
神奈川県立こども医療センター:口唇口蓋裂の顎裂部に対する多血小板血漿/フィブリン移植術*²
東京大学:先天性顔面疾患に用いるインプラント型再生軟骨*³の開発

<顎関節>
東京大学:自己脂肪幹細胞*⁴を用いた顎関節症治療

<口腔組織>
大阪医科大学:骨造成手術に際しての人工骨材料へのPlatelet Rich Fibrin*⁵の応用
大阪大学:脂肪組織由来幹細胞*⁶(ADSC)を用いた歯周組織再生療法の開発
順天堂大学:骨膜*⁷からの骨再生に関する研究
鶴見大学:ヒト歯髄幹細胞*¹を細胞源とした再生医療研究、iPS細胞*⁸を用いた新たな分化誘導法の研究
東京医科歯科大学:脂肪由来幹細胞*⁶や骨膜由来幹細胞*⁴など各種幹細胞を用いた口腔組織再生の研究
東京医科大学:歯髄幹細胞*¹を用いた骨・軟骨再生療法
長崎大学:顎骨・歯槽骨の再生医療
名古屋市立大学:多血小板フィブリン(PRF:Platelet Rich Fibrin)*⁵を用いた歯槽骨造成
新潟大学:培養自家骨膜細胞*⁹を用いた歯槽・顎骨再生
松本歯科大学:自己骨髄間質細胞*¹⁰を用いた歯槽骨の再生医療

<脚注>
*¹歯髄幹細胞:血管と神経を作るのに関する幹細胞が多く含まれており、不用歯(親知らずや矯正治療で抜く歯など)から取り出すことができる。
*²多血小板血漿/フィブリン移植術:患者さん自身の血液から作られた骨の治癒を刺激する増殖因子を含んだものを顎裂部に移植する術式。
*³インプラント型再生軟骨:患者さん自身の軟骨組織を採取し、培養して増やした軟骨細胞と特殊なコラーゲン液を混合し作製した軟骨。
*⁴幹細胞:様々な細胞に分化する能力をもつ細胞。
*⁵PRF(Platelet Rich Fibrin、多血小板フィブリン):血小板濃縮血漿*¹³のひとつ。傷の治癒や骨及び歯周組織の再生・回復に効果があるとされている。
*⁶脂肪(組織)由来幹細胞:脂肪組織の中に存在し、骨や軟骨や筋肉、神経などに分化できる細胞。
*⁷骨膜:骨を包んでいる膜。骨のもとになる細胞や神経や血管を多く含んでいる。
*⁸ iPS細胞:ヒトの皮膚などの体細胞にいくつか遺伝子を導入して培養したもので、様々な細胞に分化する能力をもつ。
*⁹骨膜細胞:移植により患部の骨形成や骨代謝を活発にすると考えられている。
*¹⁰骨髄間質細胞:骨髄に存在する幹細胞のひとつ。骨を作る細胞に成熟する能力があると考えられている。
*¹³血小板濃縮血漿:血小板を濃縮したもの。血管新生・抗炎症作用・疼痛抑制作用などにより、傷の治癒や組織再生効果があると考えられている。

情報更新日 2021年2月