• TOP
  • 疾患情報
  • 大学等で行われている再生医療の研究例

疾患情報

大学等で行われている再生医療の研究例(消化器(肝胆膵))

<肝臓>
・大阪大学  :iPS細胞*²由来の再生医療製品製造システムの開発(肝細胞)
・九州大学  :肝前駆細胞*³直接誘導法を用いた革新的幹細胞療法の開発
・九州大学  :iPS細胞*²を用いたヒト脂肪肝モデルの再現による脂肪肝の病態解明
・慶應義塾大学:iPS細胞*²と生体臓器骨格の融合による新たな再生臓器移植療法の開発
・国立成育医療研究センター:先天性尿素サイクル異常症でヒトES細胞を用いた研究
・札幌医科大 :小型肝細胞の親に相当する前駆細胞*³の長期間培養機序の解明
・東京医科大学:低分子化合物を用いた肝前駆細胞*³による肝疾患治療の開発
・東京医科歯科大学:ヒト肝臓オルガノイドによる血液凝固異常症の革新治療概念の実証
・東京医科歯科大学:内胚葉オルガノイドの線維化誘導とメカノスクリーン体系の創生
・東京医科歯科大学:ヒトiPS細胞*²から連続した複数(肝・胆・膵)の臓器を同時発生させる技術
・東京大学  :ヒトiPS細胞*²由来肝構成細胞による肝線維化モデルの樹立と応用
・東京大学  :iPS細胞*²由来肝組織ファイバーの構築と 新規肝疾患治療法開発への応用
・鳥取大学  :肝細胞シート*⁴による肝疾患治療の開発
・長崎大学  :重層細胞シート*⁴による肝疾患治療の開発
・横浜市立大学:iPS細胞*²から作成した「ミニ肝臓」を使った治療法の開発

<胆管>
・京都大学  :ヒトiPS細胞*²から胎生期胆管上皮細胞*⁵への分化誘導法と単離法を開発
・長崎大学  :低分子化合物を用いた肝前駆細胞*³からの機能的胆管の作製

<膵臓>
・京都大学  :iPS細胞*²を用いて膵臓を丸ごと作る技術の開発
・京都大学  :iPS細胞*²から作った膵島*¹様細胞移植による1型糖尿病に対する治療法の開発
・国立国際医療研究センター:術後糖尿病の予防を目的に、膵切除術に自家膵島*¹移植を追加する研究
・東京工業大学:多能性幹細胞*⁶を用いた膵β細胞*⁷の成熟化機構解明
・東京大学  :iPS細胞*²から作った膵島*¹を利用して重症インスリン依存性糖尿病を治療する研究
・東北大学  :iPS細胞*²由来膵島*¹様細胞移植のための基礎研究
・長崎大学  :重層膵島細胞シート*⁴による1型糖尿病の治療法開発
・明治大学  :iPS細胞*²を使ってブタの体内で人間の膵臓を作る研究
・徳島大学  :インスリン産生細胞の自家移植による1型糖尿病根治に向けた研究

<脚注>
*¹膵島:膵臓の中にあり、インスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌する。
*²iPS細胞:体細胞にいくつか遺伝子を導入して培養したもので、様々な細胞に分化する能力をもつ。
*³前駆細胞:幹細胞から発生し体を構成する最終分化細胞へと分化することのできる細胞。
*⁴細胞シート:細胞を接着・凝集化させて、シート状にした細胞の集合体。
*⁵胆管上皮細胞:胆汁を排出するための胆管を構成する細胞。
*⁶多能性幹細胞:さまざまな細胞に分化する能力をもつ細胞。
*⁷膵β細胞:インスリン分泌を制御している細胞。

情報更新日 2020年11月