• TOP
  • 疾患情報
  • 再生医療等安全性確保法に基づいて行われている臨床試験(臨床研究)および創薬研究

疾患情報

再生医療等安全性確保法に基づいて行われている臨床試験(臨床研究)および創薬研究(頭頚部)

※安全性や有効性を確認している段階のものです。

<頭頚部>

疾患名等

研究の名称

唾液腺萎縮症

放射線性唾液腺萎縮症に対する高機能細胞(E-MNC)*⁵を用いた治療に関する第Ⅰ相安全性試験(第2種研究)

中耳真珠腫

中耳真珠腫手術におけるインプラント型再生軟骨*⁶を用いた硬組織再建(第2種研究)

鼓室形成術を必要とする癒着性中耳炎 真珠腫性中耳炎

培養鼻腔粘膜上皮細胞シート*⁷移植による中耳粘膜再生治療の実現(第2種研究)

声門閉鎖不全

声門閉鎖不全患者に対する声帯内多血小板血漿(PRP)*⁴注入の効果(第3種研究)

「再生医療等安全性確保法に基づいて行われている研究については、当サイトの「提供機関を探す」の検索メニューをご活用ください。

<脚注>
*⁴多血小板血漿(PRP):患者さんの血液を遠心分離し、血小板濃度を高めたもの。傷を治す細胞を刺激する成長因子が多く含まれており再生を促すと考えられている。

*⁵高機能細胞(E-MNC):組織の不要物質を取り除き、炎症を抑える働きをもつ細胞。
*⁶インプラント型再生軟骨:患者さん自身の軟骨組織を採取し、培養して増やした軟骨細胞と特殊なコラーゲン液を混合し作成した軟骨。
*⁷細胞シート:ヒトの細胞を採取し、シート状に培養して作製した薄い膜で、これを患部に貼ることで細胞や臓器の再生を図るもの

情報更新日 2019年12月