• TOP
  • 疾患情報
  • 自由診療にて実施されている治療

疾患情報

自由診療にて実施されている治療(血液)

※現状においては、必ずしも有効性が確立していないことにご留意ください


●病名:<血液疾患>

疾患名等

治療の内容

悪性腫瘍全般を対象としているが、悪性リンパ腫なども対象としているものがある。
一部、臨床研究の範疇として行われているものもあります。

自己増幅T細胞*³(αβT細胞*⁴、γδT細胞*⁵)
増幅NK細胞*⁶、増幅NKT細胞*⁷、樹状細胞*⁸など使った治療

※「再生医療等安全性確保法に基づいて行われている治療」については、下記の検索メニューをご活用ください。
再生医療ポータル「提供機関を探す」

<脚注>
*³ Tリンパ球(T細胞):免疫担当細胞の一種でウイルスやがんを攻撃したり、免疫を高める役割をする細胞です。
*⁴αβT細胞:樹状細胞から戦う相手の情報を得て、がんを攻撃します。
*⁵γδT細胞:的確にがん細胞を見つけて攻撃をしかけ、高い殺傷力で破壊してしまうと考えられています。
*⁶NK細胞:全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ攻撃するリンパ球です。
*⁷NKT細胞:γδT細胞やNK細胞などと同様に、がん細胞やウイルス感染細胞などを攻撃すると考えられています。
*⁸樹状細胞:微生物やがん細胞を取り込んで、目印をつけて、免疫細胞に伝える役割をもつ細胞です。

情報更新日 2021年1月