• TOP
  • 疾患情報
  • 自由診療にて実施されている治療

疾患情報

自由診療にて実施されている治療(がん)

※現状においては、必ずしも有効性が確立していないことにご留意ください

●病名:<様々>

疾患名等

治療の内容

様々ながん

患者さん自身の免疫系細胞(NK細胞*⁷・T細胞*²や樹状細胞*⁴など)を利用したがんの免疫細胞療法が、実臨床として多くの医療機関で実施されていますが、これらの治療でまだ承認されたものはなく、自由診療として提供されているのが現状です。

※「再生医療等安全性確保法に基づいて行われている治療」については、下記の検索メニューをご活用ください。
再生医療ポータル「提供機関を探す」

<脚注>
*²T細胞:免疫担当細胞の一種で、ウイルスやがんを攻撃したり、免疫を高める役割をする細胞。
*⁴樹状細胞:外気に触れる鼻腔、肺、胃、腸管、皮膚などに存在。異物を自分の中に取り込み、その異物の特徴(抗原)を他の免疫細胞に伝える働きを持つ。
*⁷NK細胞:常にからだの中をパトロールしており、ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞などを発見すると攻撃する。

情報更新日 2021年2月