• TOP
  • 疾患情報
  • 大学等で行われている再生医療の研究例

疾患情報

大学等で行われている再生医療の研究例(頭頚部)

<唾液腺>
長崎大学:唾液腺萎縮症に対する細胞治療
理化学研究所:歯・外分泌腺などの立体形成技術の開発

<耳>
京都大学:iPS細胞*¹由来軟骨細胞*²を用いた軟骨疾患再生治療法の開発
京都大学:iPS細胞*¹を用いた遺伝性内耳性難聴病態の解析
慶應義塾大学:耳鼻咽喉疾患患者からのiPS細胞*¹の樹立とそれを用いた疾患解析に関する研究
慶應義塾大学:加齢性難聴原因遺伝子EYA4を標的とした疾患iPS*¹創薬研究
順天堂大学:遺伝性難聴に対するiPS細胞*¹由来疾患モデル細胞の開発 
帝京大学:再生軟骨を用いた中耳手術

<鼻>
慶應義塾大学:耳鼻咽喉疾患患者からのiPS細胞*¹の樹立とそれを用いた疾患解析に関する研究
横浜市立大学:鼻咽腔閉鎖機能不全症の治療にむけた軟骨組織の研究開発

<味覚>
関西医科大学:味覚の再生医療

<気管>
東京大学:気管再建を目的とした自己細胞再生気管軟骨*³の開発

 <脚注>
*¹iPS細胞:体細胞にいくつか遺伝子を導入して培養したもので、様々な細胞に分化する能力をもつ。
*²軟骨細胞:軟骨内にある細胞。軟骨基質を形成や維持する役割をもつ。
*³自己細胞再生気管軟骨:患者さん自身の軟骨組織を採取し、培養して増やした軟骨細胞と特殊なコラーゲン液を混合し作製した軟骨。

情報更新日 2019年12月